成人の80%が歯周病にかかっています。あなたの口臭、もしかして「歯周病」が原因?

 歯を磨いてもデンタルリンスをしても臭ってくる口臭、本人が気付かない口臭は、周囲を不快にさせてしまいます。ニンニクなどにおいのする食べ物を控えても、口臭が消えないのは「歯周病」が原因かもしれません。
「歯周病」は成人の8割がかかる病気で、口腔内を不衛生にしておくと、歯垢が歯と歯の間に溜まり、歯肉が炎症を起こします。歯周病がさらに進行すると歯茎が下がり、最悪の場合歯が抜け落ちてしまう場合もあります。歯周病は自覚症状がなく、気付かないうちに悪化させてしまう人が多いのが現状です。
当サイトでは「歯周病」についての基礎知識と、口臭の原因となる歯周病を防ぐ方法、口臭予防におすすめのグッズなどをご紹介していますので、ぜひご活用ください。

インフォメーション

口臭の原因「歯周病」を予防しよう!

歯周病予防の方法

歯周病は歯に付着する汚れ=歯垢(プラーク)が原因

歯周病を予防し、進行を遅らせるにはプラークを落とすこと=「歯磨き」が重要です。

正しい歯磨きの仕方は、意外によく知られていないことが多いようです。

最近では幼稚園や学校でも歯磨き指導がありますが、

今の40代50代の人は、あまり正しい歯磨きの仕方を教わったことがないかもしれません。

正しく歯磨きするには、

★歯磨き粉は多くつけなくていい

★力任せにゴシゴシ横磨きはダメ、小刻みに歯ブラシを動かす

★最低でも3分~5分以上磨く

★歯を1本1本丁寧に磨く

★歯磨きが終わったら、歯間ブラシで歯と歯の間の汚れを除去する

のがポイントです。

正しい歯磨きの仕方は、歯医者さんで歯科衛生士が教えてくれます。

歯周病で不安な場合は、

歯科医で検査を受ける、定期的に歯石除去をしてもらう

のがおすすめです。

歯茎が下がってきたな、と思ったら要注意です。

意識して進行を遅らせるよう、歯磨きを毎日丁寧にすることが、自衛策の一つとなります。


 タバコを吸う人は、歯周病になりやすくまた、歯周病の治療を行っても治りにくいといわれています。

たばこに含まれる『ニコチン』が原因で、歯周病の症状を悪化させたり、治りにくくしてしまうのです。


ニコチンは血液の流れを悪くし、身体の抵抗力を下げます。


タバコにはニコチン以外にも、多くの有害物質が含まれていて、

唾液の分泌量を減少させて、歯垢(プラーク)を付着させやすくします。

できればたばこは、歯周病予防のためにも、やめた方がいいと思います。


歯周病の原因

歯周病とは?

 歯周病は、歯の病気の代表的なものです。

歯周病が起こる原因は、歯を支えている周りの組織(歯周組織)に炎症が起こり、

歯と骨との結合が破壊されるところから始まります。

□ 出血や歯がぐらぐらと動く

□ 口臭がする

□ 歯肉の縁が腫れる

□ 歯茎が下に下がる

歯周病が進行し始めているサインです。

歯周病は、40歳以上の半数の人が程度の差こそあれ歯周病にかかっている、とも言われています。

「年をとればかかる病気だから」

と思いがちですが、あきらめるのは間違いです。

歯周病を放っておくと、全身に大きな悪影響を与えます。

★歯が次第に抜け落ちる

★身体の血管に影響を与える

★糖尿病と関係性がある

★心臓病のリスクが高まる

など病気を患うリスクが高くなることが指摘されています。

「たかが歯…」と侮れないのが歯周病です。